忍者ブログ
Admin / Write / Res
AC2AAブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえずさっくりと。

・使用機体
 マジガワラ 
 CPB &AUCiPIJhlkoc911#
 ルーラーシップ &AtE9PIoxjiof900#

まんま愛知大会で使いますって言ってた機体群ですね。
マジガワラを軸に、軽めのマジガワラ対策機には32Eスナ、その他にはSSステルスを切り札的に。
考え方も変わらず、戦略もあまり考えてないですが、相性的にムリが出ないように且つ自分が使って戦果を挙げられそうな機体ってことで。


以下、トーナメント詳細。
もはや記憶も曖昧なので、当たった人のブログを参考に・・。


・1回戦 二等兵さん
 とりあえず、ここで当たるとはよくできてるなって思いました。
以前のブログでも言ってますが、フリーや対戦会での手合わせなしの1発勝負です。

1本目 古戦場
 マジガワラ(自分) vs モノクローム

 開幕射撃から熱らせようとしたけど、確か出来なかったかな。
111の射程差とデュアルミサイルの事故でAP差をひっくり返すゲームです。
ハンドガンで熱を取るとかミサイルからの連携で崩すとか、そういった難しいことは考えずに、ハンドガンを構えてこちらだけが当たるシチュエーションだけ考えながら、相手の攻め気やミスを感じ取って当たりそうなところでミサイルを。わりとてこずった印象を受けましたがAP勝ち。
AP2000以上差らしい。


2本目 メトロ
 マジガワラ(自分) vs モノクローム

 1戦目から相手の緊張が感じ取れたので、2戦目は強気にハンドガンで熱を取ることとミサイルからの連携を意識しました。
これが見事にいなされて負けました。
AP差1000程度で時間切れ負け。

3本目 ジオ社
 CPB(自分) vs モノクローム

 ここは男ならマジガワラで直球勝負だろって誰もが思うところでしょうが、楽をした勝ちを狙った結果、32Eスナ機を選択。
AP1296くらいで撃破した記憶。相手は弾切れだったらしい。
打開される可能性も見えてたけど、勝ちに拘ったのと、32Eスナとの相性も確認しておきたかったですね。
もっと余裕があると思ってましたが、こっちもわりとギリでした。
しばらくやったら打開される方が早そう。

そもそも、1戦目と2戦目での展開から考えて、あの時の状況下での勝率はほぼ5分だと思いました。機体はマジガワラが有利だと思うので、単純な操作精度に差があったと思います。

まぁ、あのままマジガワラ連投してたら打たれそうな気がしたので、変化球投げちゃいましたってところでしょうか。
勝負に負けて試合に勝ったってやつですね。

ACOAでの優勝が示す通り、ニットちゃんの実力はもはや誰もが疑わないところ。ルーキー勢とかの表現は、実力よりは開始した時期を示す言葉だと思っています。ベテラン勢は今一度、気を引き締める必要があるでしょう。

次は直球で。



・2回戦 INTENSIFYさん
 あまり覚えてないけど全戦マジガワラで打開した気がする。
印ちゃんのブログどこだっけ?

1本目 メトロ
 マジガワラ(自分) vs ノリユキ

 この間、印ちゃんのテルユキにマジガワラ打開されてたけど、このMAPでノリ相手なら問題はなかった。ほぼ想定通りの展開でたぶん撃破勝ち。

2本目 スライスゲート
 マジガワラ(自分) vs なんとかマン系

 名前覚えてないけど、EスナLロケインビットD4コアの硬い重二。
さっそく篭られて、打開に意気込んでたらエリアオーバー負け。
あそこでインビット置かれるだけでダメージレースが5分。

3本目 ムラクモ
 マジガワラ(自分) vs 同上

 マップ次第ではまたやらかしちゃうぞと思いながらも同キャラ。
ムラクモドームは割りと胃が痛い。
相手は、中央の凱旋門を選択。ビットと建物でいなそうとする相手を打開するゲーム。
Lロケ1個分くらいは余裕を持たせてAP勝ちだった記憶。

意外と思い出せた。

対戦後に印ちゃんに「やっぱりマジガワラかよ」みたいなこと言われたけど、印ちゃんにはむしろマジガワラ以外出せません。


・3回戦 マトスさん
 新潟から参戦のパンツマンからの刺客。
その前のえのきさんとの試合を見てて思ったけど、普通にうまい。
ちゃんとインプレの良さと操作方法を理解していて、ロックもサボらない。直線的なOB離脱を多用するタイプで、関西のハイネちゃんに似ている印象を受けました。

1本目 ケイブ
 マジガワラ(自分) vs インプレ

 正確な離脱とデコイ出しにより、ガン攻めはさせてもらえず。
マジガワラのアセンパワーで徐々にAP差を詰めつつ、リミカタイム前にはEスナ2発分くらいでAP逆転。
リミカ後OBで逃げ回っている最中に大グレを当てられて負け。
反省点を挙げるなら、大グレ1個分のAP差を付けられなかったことと、デュアルの温存による保険をかけられなかったこと。
参りましたとしか言い用がなかったですね。

2本目 アリーナ
 マジガワラ(自分) vs インプレ

 気を取り直して、今度はこちらが有利なMAP。
柱を使って安全に上を取りながら展開。途中に大グレを当てられました。
ただ、このMAPこの相性なら大グレ1個は許容内なので、焦ることなく展開を続ける。危なげない勝利だった記憶。

3本目 オービタル
 マジガワラ(自分) vs インプレ

 アリーナほどではないにしろ、空が使えて、落下の脅威がある分、こちらに分があるMAPだと思います。
MAPが狭い分、デコイも有効に効きますが、がんばって追い回して、落下→リミカダウンした相手に撃破勝ちだった記憶。

試合前に相手の試合を見れたのが大きかったですね。
実力的に、関東の中堅くらいまでは優に抜いていると思います。
今後、遠征や大会で経験を積んで、ハイネちゃんの荒らし要素やいくまっちの読まれにくいOB離脱を覚えることで、更に伸びそう。


・4回戦 春風さん
 4回戦目は、ロウルちゃんを倒してベスト4まで勝ち上がって来た春ちゃん。自分が神奈川にいた頃から対戦の相手をしてもらっていて、石川大会で自分がセラピーを打開できたのも彼のおかげですね。
その操作精度の高さもさることながら、最近はアセン開発や相性考察などの理解度も増して来ていて、こちらの手の内を知られているだけに、やり辛い相手です。

1本目 アビス
 CPB(自分) vs EスナデュアルRT

 当然、向こうはマジガワラ読みで来ると予想。
軽めの機体を主としている相手なので、中量以下のマジガワラ対策機が入ってるかなと読みました。ちなみに、その類は32Eスナで一網打尽できるのでこちらはCPBを選択。

いくまっちに試合を盛り上げろと叱咤されるくらいのEスナゲーを展開。
今日は勝ちに来たんで。

2本目 アーデン
 CPB(自分) vs カラサワタンク

マジガワラ対策機を潰せたわけだから、ここでマジガワラを投入しておくのが正解だったっぽい。相手のマジガワラ読みがある以上は、安易に出せないっていうのと1戦目で勝てた機体は連投しておけば、負けたとしても不利に転ぶことはないって考えが邪魔をしましたね。

見事なアーマード・ジャンケンを展開されました。
ましてや、「VATの機動性により一般的な32Eスナ対策機も撃破できる!」っていうのがCPBを使う上での持論だったんですが、完全に撃ち砕かれました。浮いてみたり踊ってみたりしたけど、なす術もなく。
とんだ人権侵害だぜ。

3本目 ハイウェイ
 ルーラーシップ(自分) vs マジガワラ

 出す機体を散々悩んだ挙句、マジガワラ対策を練られていて、32VATを封殺されたとなると3機目を出すしかないかなってことで、ステルス投入。
温存が理想だったけど、展開からして致し方なかったように思う。

MAPは上々。
対軽量機は館田んとの対戦である程度経験済み。
相性的には苦しい部類だけど、ミサイルの連携を強制的にいなした上で、動きで誤魔化しつつ、射程差を作った上で手武器勝負が理想の展開。

途中、ステルスが発動できてなくて111でモリモリ減らされた時は焦ったけど、ある程度時間も使えてEスナにも余裕を残しつつ、最後にデュアルをもらってAP差がほとんどなくなったけど、ステルス発動でなんとか凌ぐ。
これもあと数戦やったら打開されるでしょうね。
とはいえ、春ちゃんにマジガワラは出せなかったですね。


勝っといてなんだけど、春ちゃんのベスト4は個人的にうれしかった。
アッシュさんもベスト4入りで、近年の全体的なレベルアップを感じます。
本人は納得いってなかったみたいだけどw
Tukaさんがくらげさんに勝った試合も見ていましたが、勝った瞬間は硬く握手をさせてもらいました。


・決勝 ライトさん

 特にありません。
サイティングが日本一うまいレイヴン。
サイティングというか、相手と対峙するための能力と言った方が正確。

1本目 エタル

 ルーラーシップ(自分) vs SDC

 このMAPでこの機体相性。ご馳走様ですとしか思えなかったですね。
相手の背後で時間を潰しつつ、適当にEスナを当てていって適度にAP勝ちしようと考えていましたが、なんか色々被弾してAP差が思うように縮まらず。
無理して追いかけたところを相手のカウンターをもらって試合終了。
対タンクは、自分のAP5000upをキープできるかで考えてますね。
とにかく、ロケ撃ちを初め、サイティングの質が群を抜いていて、姿を見せてしまった後の、相手の動き方や読みの良さを痛感させられました。
圧倒的有利な状況ながら、駆け引きで負けた印象ですね。

2本目 オービタル

 ルーラーシップ(自分) vs リニアPIKE

 マジガワラ投入が安定で、32Eスナの選択肢も全然ありだなとは思いましたが、1戦目の戦いが納得いかなかったのであえて連投。
対PIKEでも、BLAZER Eスナとステルスで試合を作れると踏みました。
MAPも決して悪くはなかったですが、1戦目と同様の理由で敗北。

ステルスを使う上での練度の低さというか、ステルスに自滅した印象ですね。
もっと頭を使っていかないと、これ以上の勝率は見込めなそう。
マジガワラの練度の低さというか、信頼しきれなかったのも大きな要因だと思います。

以上です。


しかし、全体的に我ながらつまらない戦い方をしたなと思いましたね。
もうああいう戦い方はやめよう。
さっくりと書くつもりがわりと覚えてた。

主催のくらげさん、参加された皆さん、お疲れ様でした。
ACの大会が開催され、人が集まることを有難く思います。

次は三鷹で。
関東MRM参戦します。

決意を新たに、いかに実を上げるか。


そういえば、この前のロイくんの配信にコメントでちゃちゃ入れてたら、わりと直後に自分だってバレてたw
まぁそれは、それで有難いことかな。


観戦してたのは、モノクローム(二等兵)対マジガワラ(ROY)。
ロイくんが連敗を重ねてたみたいだけど、動きを見て「ハンドガンのみで縛ってやってみて」ってコメントした。
結果としては、見事勝利。
ちょっとあれは出来すぎだったけれどw

ちょっと補足しておく。
決して、その行為自体が対モノクロームの対策ってわけではなくて、手武器の性能差を押し出せれば、戦いはもっと楽になるはずって思ったから。
その方法を考えると色々と選択肢が生まれちゃうから、とりあえず「ハンドガンだけ構えていれば少しは見えるはず」ってのが魂胆。

ミサイルを織り交ぜるよりも、そもそも性能差のある手武器だけ構えてれば、それだけでことは有利に進むはず。
そこにミサイルの要素も組み込んで行けた方が、相手の対応が苦しくなるのは当然のことだけど、それはまた次の話。

とりあえず、手武器の性能差によって、相手との装甲差が覆せるかっていうところが今回の焦点だったと思う。

その後は、AP2~3000差の連敗モードに戻ったけれど。
ニットちゃんの基礎的な技術が高いから、そこでの対応力が現れたかな。
でも、このまま使っていけば、ロイくんがマジガワラを飼い慣らす日もそう遠くないって思った。

モノクロームの打開が、野生のマジガワラのひとつの卒業検定ってことにしておこう。

って、俺もまだ対戦したことはないんだけれど。


一見すると五分に見えるけど、理論値で行くとやっぱマジガワラ有利かな。
それをさせない方法がモノクロ側にもある気はするけど、どうだろ。
対マジガワラに対しては、セラピーよりも可能性があるのは確かかな。


なんにせよ、今一番対戦したい相手。

フリーで連戦したい気もするけど、大会で1発勝負ってのも悪くないw
考えを分かち合って理解し合うことは難しいけど、
意見を統率して同じ方向を見ることは必要なんだと思う。

とりあえず、今後「原子力発電」をどう扱っていくのかを、もう一度考え直す必要があって、その岐路に立つか立とうとしているんだって。
後世に残すべきではない、撤廃させて行くべき技術だって。
「ソーラー発電で日本がボロ儲け」だって。
全部、孫さんが言ってた。
強く共感。

●田原 総一朗×孫 正義 対談 ~東日本大震災について~
残りの10分だけでも。


●頑張れとか復興とかって、多分、今言うことじゃない。
考え方はそれぞれだけど、今の自分にできることって、あまり多くない。


疑いながら、ためしに右へ曲るのも、信じて断乎として右へ曲るのも、その運命は同じ事です。どっちにしたって引き返すことは出来ないんだ。(太宰治『お伽草子』) 約2時間前 keiyac.org 名言botから

原発からいかに逃れようかと話し合ってた人らが、
今度はチャリティ花見をやろうって言い出した。

動機がどうであれ、賛同はしたけど。

人の痛みを感じるには、同じように痛めてみるしかないのかね。


AC募金は、残念ながら叶うことはなかったけど、考えとか気持ちは変わってないから、みんな募金しようって言っておきたい。
偽善でもなんでも。

善意を強要したのも事実かな。
それでもいいと思った。

もし、自分が被災地の真っ只中にいたとして、例えばACの大会が楽しむことをだけを目的として開催されているとしたら、やっぱそれは悲しい気がしたから。

それでもまぁ、いま僕らが動きを止める必要性はないし、自粛って動きはあまり好きじゃない。AC楽しみましょう。

たくさんの被災者を前に、お見舞い申し上げるの真意は、やっぱり理解しがたいけど。


MRMは何を使おうかな。

赤いゴーカート
足音
系譜
HN:
Rhythm
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1986/09/12
職業:
社会人
趣味:
育む
自己紹介:
Rhythm_SA

・PC構成

 CPU : Core 2 Duo E8500
 M/B : ASUSTeK P5Q-E
 Memory: 4GB
 HD : 640GB
 DVD : GH22NS30B-B
 VGA : RADEON 4850
 Power : 600W
 Case : Antec P180 
キー
コメント
[11/28 りずむ]
[11/21 misoneko]
[02/07 りずむ]
[02/04 はるかぜ]
[04/15 のなめ]
アクセス解析
Copyright ©   Rotary Field All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]