忍者ブログ
Admin / Write / Res
AC2AAブログ
[267]  [266]  [265]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [257]  [256]  [255
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



01:03 (Rhythm_) あせった。まじあせった
01:05 (Rhythm_) やべー!!こいつ1Pでもかてねー!!!!
01:05 (Rhythm_) って思ってたら、俺2Pだった。



最近、「リズムくんが強い」って持ち上げてもらってるけど、内心は、いつ抜かれるかとヒヤヒヤしてます。

正直、今の自分のアドバンテージは、キーコンだけだと思うんですよね。
みんなが3P用のキーコンに慣れるまでの間は、自分だけが従来の操作に非常に近い状態で動かせているわけですから。
事実、AC上の技術的な進歩や発見は何ひとつとして感じていませんし。
いずれ、これから3Pをやり込んでいく人達には勝てなくなると思います。自分は始めから上下視点を捨てていますから。
最近では上下視点を使ってくる方も増えてきましたし、もはや自分より遥かに上下の視点移動を行っていると思います。

あとは、アセンがたまたまハマっているっていうのが多少ありますかね。
ごく最近まで、AC3の対戦を行えていたのが大きいと思います。
ただ、持ってるアセンがあまりにも少ないんで、これから増やしていかないと、今後がますます厳しくなるでしょうね。
もはやキーコンを変える気はないので。

従来作に回帰しやすいってのが「リズム式」キーコンの最大の魅力ですから。
最初から、従来のキーコンで出来ない以上、本気でやり込むつもりなんかなかったし、気軽にAC3とネット対戦が楽しめるっていう点しか魅力は感じてませんでした。
2Pラグの影響がここまでとは、正直思っていませんでしたが。
ただ、「ACの対人戦の普及」および「対人戦初心者のレベルの底上げ」が図れるっていう点に気付いたことで、このゲームに更なる魅力を感じるようになりましたね。
自分達が「上」に君臨しつつ、レクチャーしていくことで、今まで対戦に飢えていた人や対人戦に楽しみを見出せないでいた人達にも、色々と伝えられることはあるのかなと。
相手にロビーをクリエイトしてもらうのは、もはやデフォでしょう。

相手があと少し頑張れば勝てそうな機体をこちらが使って、それを倒せるようになってくれた時の喜びを感じる、いわば「リアルタイムレイヴン育成シュミレーションゲーム」ですかねw
そしてまたちょっとだけ強い機体を、と。
それをやっていると、結構何戦でも楽しみながらやれたりします。

身勝手ながらランキングなんてものも作成してみましたが、コレを見て、自分と出会った人達が奮闘してくれたらなと思ってのことです。
List作り自体が自分のモチベーション維持に繋がっていたりもします。
表に出すかはちょっと悩みましたけどね。

もちろん、顔見知りの方々などには毎回本気でやらせてもらってますが。




そういうわけで、おいしいポジションにいられる今の内に、公式戦初優勝を掻っ攫っておきたいですが、最近では、既に追い付かているんですよね…。


1P側だと勘違いしつつ、2Pで骨機体を使ってフルボッコに合った時には「終わった」って思いましたねw
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
足音
系譜
HN:
Rhythm
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1986/09/12
職業:
社会人
趣味:
育む
自己紹介:
Rhythm_SA

・PC構成

 CPU : Core 2 Duo E8500
 M/B : ASUSTeK P5Q-E
 Memory: 4GB
 HD : 640GB
 DVD : GH22NS30B-B
 VGA : RADEON 4850
 Power : 600W
 Case : Antec P180 
キー
コメント
[11/28 りずむ]
[11/21 misoneko]
[02/07 りずむ]
[02/04 はるかぜ]
[04/15 のなめ]
アクセス解析
Copyright ©   Rotary Field All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]